ただいま アクセス

※リンクフリー。無関係なトラックバック、コメントは即削除します。
このブログの閲覧はInternet Explorerを推奨します。

--/--/--(--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/11(日)  アニスパ!「第2回 浅野裁判」の内容報告

06:40

3月10日(土)に放送された、文化放送『A&G超RADIO SHOW~アニスパ!~』内の企画として、「第2回 浅野裁判」が開廷された。
第1回声優アワードでベストパーソナリティ賞を受賞を記念して、浅野真澄の実態を暴くために行われた。
また、事例を再現するドラマパートでは、声優アワードで主演賞を受賞し、前回放送でゲストだった朴ろ美が浅野真澄を、スタッフや鷲崎健を福山潤が演じた。

以下に、放送された裁判の内容を記す。実際の発言と、記事の記述が違う部分があることをご了承願う。

「第2回 浅野裁判」 報告書
日時:2007年3月10日(土)22時

場所:東京都港区浜松町 文化放送内『A&G SUPER RADIO SHOW アニスパ!』放送スタジオ

進行:鷲崎 健   陪審員:リスナーの方々

被告人:浅野 真澄

再現ドラマ出演者:浅野真澄 役…朴ろ美   アニスパ!スタッフ、鷲崎健 役…福山潤


Case 1:差し入れ持ち帰り事件
概要:
浅野真澄は、番組あてに差し入れられた食べ物(チョコなど)を、しばしば勝手に持ち帰ることがある。
さらに、その持ち帰った品物を、他の現場(吹き替えなどの、ベテランがいて浅野が若干気を使う現場)に、自分が用意した差し入れとして提供していることも発覚。

被告人の弁明:
「(スタッフの)皆、チョコに興味ないじゃん」
「吹き替えの現場とかに持っていったら、心象がいい」
「スポンサーからの差し入れは、私とタケちゃん(鷲崎)に持ってきたようなもの」

原告側の主張:
「俺らだってチョコ食べたいですよ」
「差し入れってのは、自分が用意する事に意味があるんじゃないのか」
「番組って言うのは、俺らだけで作ってるんじゃなく、ディレクターがいて、作家がいて~」


Case 2:ホントは細かいのがあるんじゃないのか事件
概要:
アニスパ!放送日、文化放送へ向かう前。浅野から鷲崎に「今日ピザ食べない?」という電話があり、鷲崎はそれを快諾。
文化放送にて、2人はピザを食べた。その支払いの際、浅野は「ゴメン、今細かいのが300円しかない」と言い、その場は鷲崎が立て替えた。
あれから一ヶ月ほど経つ3月10日(土)22時現在、浅野は未だに鷲崎にそのピザ代を支払っていない。
さらに、ピザを食べた放送時、ゲストに来ていた水樹奈々にも「ピザ食べない?」と勧め、水樹も加えて割り勘しようとしていた疑いも浮上。
ちなみに、水樹はピザを食べる事を断っている。

被告人の弁明:
「払おうと思ってるけど、まだ払ってないだけ」
「(未だに返さないのは)タケちゃんにはお世話になっているから、プレゼントをつけて返そうと思ってる」
「(上記弁明を受け、鷲崎に『例えば?』と問われ)ギター」
「(ピザ代程度を返してと言って来る鷲崎に対して)(器が)小さいよ」

原告側の主張:
「あの時、300円しか持ってなかったとして、その後300円で1ヶ月過ごさなきゃならない身だったとしたら、返済が遅れたのは目を瞑ろう。
 でも今はもう1ヶ月経って、給料も入ってるはずやんか?」


Case 3:ミッフィーちゃんお皿事件
概要:
当時、浅野真澄は、ローソンのミッフィーちゃんのお皿が貰えるポイントを集めていた。そして文化放送の1階には、ローソンがある。
文化放送で、新人ADに「ミッフィーちゃんのポイント持ってたら頂戴?」と言ったところ、「すみません、持ってません」と答えたADに対し、
「なら文化放送中のゴミ箱を見てきて、ミッフィーちゃんのポイントを集めてきて」と頼んだ。
スタッフは文化放送中のゴミ箱を漁り、警備員に注意されるまでに至った。スタッフは警備員に事情を話し、警備員からもポイントを貰った。

浅野真澄は、こうして集められたポイントで、ミッフィーちゃんのお皿を7枚貰った、とのこと。

被告人の弁明:
「あれは志願兵だった」
「ミッフィーちゃんのポイントを集めたいんですけどって言ったら、スタッフが『浅野さんがそう言うと思って、集めました』と言ってくれた」

原告側の主張:
「志願兵など1人もいなかった」


Case 4:『大奥』DVD事件
概要:
番組スタッフが、浅野真澄が欲しいと言っていたドラマ『大奥』のDVD-BOXを、番組の企画でプレゼントした。
しかし、浅野は「このDVD、ファンからもう貰っている。レシートあるなら、他のと交換してきて欲しい。三谷作品が良いな」と言い、『大奥』DVDを返品した。

被告人の弁明:
「既にファンから貰ってるんだから、同じものが2つあってもしょうがない」
「日本にはレシートという素晴らしいものがあるんだから、利用しないともったいないでしょ」

原告側の主張:
「人が用意したプレゼントを、返品交換して来いだなんて」



陪審員(リスナー)の意見(印象に残ったものを選定):
 「有罪。浅野さんはもうちょっと人の気持ちを考えても、罰はあたりませんよ?」
 「無罪。浅野さんはこういう人だから仕方ないですよ」
 「無罪。浅野さんは可愛いから」
 「無罪。浅野さんは無邪気な人だから」(こいつに対して使う言葉じゃない! by 鷲崎)



陪審員(リスナー)の意見を総合した、最終判決(というかオチ):有罪


後期:
この「第2回 浅野裁判」は、ラジオ番組の企画として放送されたものであり、面白おかしく行われたものであるが、上記事件は恐らくほぼノンフィクションであり、
番組自体は面白く、笑いながら進行していったが、鷲崎によると、「ブースの外のスタッフ達には笑えない雰囲気ができてます」とのことだった。

また、再現ドラマで浅野真澄を演じた朴ろ美の演技が最高に面白く、Case 1から4に至るまで、”浅野真澄”がどんどんガラが悪くなっていく様が絶妙だった。
確実に、この企画の最大の聴き所は、朴と福山による、この再現ドラマだったと言える。


ところで、本件に関して、浅野真澄本人が運営するHPにメールなどすると、本人が大いにヘコむ可能性があるので、本人に言及するのはやめた方が良いかと思います。と言いつつこんな記事作った時点で説得力ないけど。

でも、浅野真澄のこのような部分が彼女の個性であり、我々を楽しませてくれる、彼女の魅力なので、後悔・公開はしても、反省はしない。これからもそんなますみんであってください。でも鷲崎さんにはお金を返してあげて!


…しかし、ただ字に起こしただけでは、実際の放送の面白さが8割以上失われてしまうなw

comment

Secret

★ただいま応援強化中!
俺たちは待ち続ける。遠い、遠い、発売日を。
応援しているメーカー
あかべぇそふとつぅ
Inncent Grey
ういんどみる
オービット
戯画
コットンソフト
Xuse
Navel
ねこねこソフト
パープルソフトウェア
feng
ぼとむれす
ゆずソフト
ユニゾンシフト
ランプオブシュガー
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Lockian

ここからもコメント送れます
最近の記事
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。